ミャンマーって何があるの?ミャンマー観光のまとめ【10日間でミャンマー制覇】

ミャンマーまとめ, ミャンマーおすすめ, ミャンマーオンラインビザ, ミャンマービザ取得, ミャンマー観光, 絶景

「旅行で行きたい場所はミャンマー♪」っていう人あまり聞いた事無いですよね…

ミャンマーって何があるの?ビザは必要?治安は?

 

私もミャンマーに行くまでは、正直ミャンマーって何も無さそう。って思ってたのですが、ミャンマーは、なんと言っても【幻想的な絶景!】が見れます。そして、カルチャーショックも沢山味わえます!!笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜のパゴダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バガンの朝

Processed with MOLDIV

無数のパゴダ

とにかく一生に一度は行った方が良い場所です。

今回はミャンマーのビザ取得や観光情報など、ミャンマーを存分に堪能する為の情報を画像と一緒にまとめました。

 

 

 

ミャンマーって何があるの?ミャンマーの魅力

●パゴダと呼ばれるさまざまな形の仏塔(仏教に興味無くても感動出来ます)

Processed with MOLDIV

カックーという場所

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜のパゴダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真っ白で綺麗なパゴダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーマパークみたいなパゴダ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライトアップで存在感

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

●幻想的な朝日と夕日(本当に大きくて真っ赤な朝日。言葉を失いました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バガンの朝日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンダレーの朝日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水辺に映る朝日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バガンの朝日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンダレーヒルからの夕日

 

●汚れじゃないよ。タナカだよ。笑(タナカと呼ばれる樹液を美容とオシャレ目的で顔に塗る)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めみた時、大胆な汚れ方ーー( ゚Д゚)ってびっくりしました。でもみんな汚れてた(塗ってた)笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チュッパチャップス世界で人気

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

呪怨!?いくらなんでも塗りすぎやろ(;’∀’)笑

 

●舌しびれるガム食べれる(ミャンマーのガムは独特で、数種類のスパイスを葉っぱで巻いたガムなんだけど、とにかくすごい味。説明できない)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これガム屋さん。路上でうっています。

 

●インレー湖は独特な文化沢山あります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

将来の夢がクマだった人は、これ被ってクマ気分味わえます。笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

兜のセンスが本気過ぎて。。(;´∀`)これ被ってたら逮捕でしょ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コットン100パーセント商品作っています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観光客用のモデルがいつもスタンバイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボートチャーターして観光します

 

●その他にも沢山の魅力があります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性の僧侶

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんか怖い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仏さまに対するイルミネーションがはんぱない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドラクエの世界

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鐘の大きさ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素敵

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川で洗濯って現実にあるんだね。

もっと山ほど紹介したいですが、この辺にしときます(;´∀`)

 

 

 

ミャンマーのビザ事情

ミャンマーは2016年現在、ビザが必要です。

私はネットでビザを取得しましたが、多分これが一番簡単な方法です。顔写真のデータが必要ですが、あとは、必要事項を記入するだけ。3日以内にビザのデータが送られて来ました。プリントアウトしてミャンマーに行きました。支払いはクレジットカードでしました。確か50$。

ネットでミャンマービザを取得する場合はこちらから

 

 

 

ミャンマーの治安

私の個人的な感想は、雰囲気危なそうだけど、意外と安全。

どうゆう事かと言いますと、

IMG_1601

こんな、見るからに危なそうな人もいます(人は見た目で判断しちゃいけませんが…(;´∀`))

私は夜散歩したり、人気の無い場所にも行ったりしましたが、何にも被害に遭いませんでした。もちろん、運次第だと思うので、十分に気を付けてください。タイよりは確実に危険です。

 

 

 

ミャンマーを10日間で制覇する為のおすすめ観光プラン

私が実際に観光したプランは

1日目 ヤンゴン空港に到着➡タクシーでガンドージ湖周辺の観光後ホテルに行く(約2時間10000k)➡ホテル到着(ダウンタウンという地区がおすすめ)➡ホテルで次の日のインレー行のバスチケットを購入➡ダウンタウンの町中を徒歩で散策➡夜タクシーでシュエダゴンパゴダに行く(往復6000k19時~21時がおすすめ)➡ホテルで一泊

ヤンゴンの観光詳細はこちら

2日目 徒歩でダウンタウン町中散策➡17時くらいにタクシーでバスターミナルへ行く(約1時間8000k)➡インレー行の夜行バスに乗る(約13時間)

3日目 早朝インレー到着(入域料12000k)➡ホテルチェックイン➡ホテルでマンダレー行のバスチケットを購入➡歩いてボート乗り場に行く➡ボートをチャーター(20000k)してインレー湖観光➡ホテルで1泊

インレー観光の詳細はこちら

4日目 10時から車をチャーターしてカックー観光(15時くらいまで合計約50$)➡町中を1時間サイクリング➡ホテル送迎ありの夜行バスに乗ってマンダレーへ行く(約8時間)

5日目 朝4時夜行バスでマンダレー到着➡バスターミナルからバイクタクシー(2000k)でホテルに行き荷物を置く➡バイクタクシーと交渉して1日チャーター(15000k)し、朝4時半からバイクタクシーで、マンダレーアウトサイド観光(早朝しか見れない観光名所もある為)➡チャーターバイクでマーケットに行き買い物1時間➡16時観光終了(次の日の観光も同じ運転手頼んだ)➡ホテルでバガン行のバスチケットを購入➡ホテルで1泊

マンダレー観光の詳細はこちら※マンダレー観光は1日目と2日目のプランを逆にしても大丈夫

6日目 朝8時20分にホテルまでバイクタクシーに迎えに来てもらい(バイクタクシー1日チャーター13000k)フェリー乗り場に行く➡9時出発のミングォン行きの船に乗る(約1時間)➡ミングォン観光➡12時半の最終船で戻る➡マンダレーインサイド観光➡昨日のホテルでシャワー浴びさせてもらう(無料)➡バイクタクシーでバスターミナルまで行く(2000k)➡夜行バスに乗ってバガンに行く(約5時間)

7日目 朝3時くらいにバガンのホテル到着➡朝まで仮眠➡ヤンゴン行のバスチケット購入➡eバイクをレンタルして(1日レンタル料8000k)バガン観光(マーケットや色んな場所のパゴダへ)➡お昼は【バガンビューイングタワーのレストラン】で食事➡疲れて昼過ぎに帰宅し仮眠➡18時からまた観光(夜のパゴダを鑑賞)➡20時に戻りホテルで1泊

バガン観光の詳細はこちら

8日目 朝5時半から【Shwe San Daw Pagodaシュエサンドーパゴダ】に朝日を見に行く➡お昼までeバイクでパゴダを観光して帰宅&休憩➡ホテル送迎ありの夜行バスでヤンゴンに行く(約10時間)

9日目 朝6時にヤンゴンバスターミナルに到着➡【チャイティーヨー】に行く為に、バスターミナルで【キンプン】行きのバスチケットを購入➡朝7時からのキンプン行きのバスに乗る(約5時間)➡お昼頃キンプン到着➡ヤンゴンまでのバスチケットを購入➡宿探し(すぐ見つかる)➡15時までホテルで休憩➡キンプンのお土産屋さんを見る➡15時半にチャイティーヨー行きのトラックに乗る(30分2500k)➡チャイティーヨー観光➡18時の最終トラックで戻る(30分2500k)➡ホテルで1泊

チャイティーヨー観光の詳細はこちら

10日目 朝10時のバスでヤンゴンに行く(約5時間)➡タクシーでヤンゴンのホテルに行く➡徒歩でスーレーパゴダを見学➡ダウンタウン町中散策➡ホテルに1泊

11日目 朝5時にホテルを出発➡タクシーで【チヤウッタージーパゴダ】に行く(朝5時からオープン。観光時間10分)➡タクシーで空港へ(8000k)➡飛行機に乗る

 

かなり予定みっちりですが、バスは快適で、移動中に睡眠がしっかりとれるし、ホテルでも休む時間はしっかり確保出来ているので、可能なプランだと思います。

このプランで注意しなければいけない事は、バスチケットをその都度購入するのですが、VIPバスは人気がある為、先日には買っておいた方が良いです。新しい場所に着いたらまず、次の目的地までのバスチケットを購入してください。

 

あと、大きな荷物は邪魔になるで、最初に泊まったホテルに荷物を預けて、小さいリュックで観光する方が楽です。

 

Processed with MOLDIV

Posted by Nao


PAGE TOP